wimaxと他のサービスの違い

普段キャリアの回線を用いている方は、モバイルルータやそれに伴った格安SIMなどの運用に関して、知らないことが多いかもしれません。そもそも何故皆がそういったサービスを利用するのかというと、料金が安いからである、と言えます。実際にキャリアで契約した際のネット代金は、コストパフォーマンスに優れたものであるとは到底言いがたい状態にあります。

通信が安定しているというメリットがありますが、それであっても多くの方が格安SIMに流れているのは料金の点での難しさがあるからでしょう。実際に、そういったキャリアでの契約、そして格安SIM、wimaxのような回線、それらにはどのような違いがあるのでしょうか。格安SIMはなんと言っても料金の安さが特徴です。

ですから多くの人に受け入れられているといえますが、その反面利用制限がキャリアと同様掛かってしまうことが多いといえます。対してwimaxは、最近はじまった新たな『wimax2+』も含め、「月単位」での、容量オーバーによる制限がない、という特徴があります。wimaxでは『ノーリミットモード』を理想することによってその無制限な回線を貰えなしたが、wimax2+ではデータ通信量の制限がないプランに加入することによって、その月7GBの制限がなくなる、といえます。